本文へ移動

釣果情報~令和3年7月~

とちぎリアルタイム雨量・河川水位観測情報

7月22日の河川状況

 一昨日の午後降った夕立により水位にはほとんど影響はありませんでしたが一時入った濁りの影響か、ここ数日調子が伸びてきた那珂川の黒羽観光簗などでは釣果はいまいちです。

 河川の水位も減水が進み、現在那珂川の町裏では、55㎝と平水並みになっています。
 余笹川では、稲沢睦橋で20㎝。箒川の高阿津橋付近で98㎝となっています。

 箒川の上流部、宇都野橋下流の弁天周辺では朝から正午までの釣果が2~7尾となっています。

 栃木県北部では、一部地域にて雷を伴い雨が降っている地域があります。気象庁のホームページで確認すると18時の1時間降水量が大田原で21.0㎜となっていますが、大幅な水位の変動は出ないと思います。
 現在も雨雲がかかっている状態なのでこの後の降り方次第となります。
箒川:弁天下流
箒川:弁天下流
箒川:弁天周辺

7月20日の河川状況

梅雨明け後から気温が高い日が続いております。

河川の状態は安定しており、那珂川の黒羽観光簗下流や高岩、那珂橋の上下などで日によって釣果が伸びています。

ここ数日は夕立もなく天気も安定していましたが、本日午後3時頃より北部地域で黒い雲がかかり、一時強い雨が降りました。
 現在、黒羽周辺で降った雨の影響は大きくはありませんが、同時刻に福島県や県境でも多くの雨が降ったため、黒川の方で水位が少し上昇しています。

 現在も少し雨雲が掛かっていますので、多少の濁りが入る可能性があります。

 明日は、晴れ時々くもりの予報が出ています。今日と同じような天気になりそうで夕方から夜のはじめ頃雷を伴い激しく降るとの予報が出ています。

7月16日の河川状況

関東甲信越地方では、本日梅雨明けしました。

梅雨明けすぐに気温も高く栃木県内で30℃超えの地点が多く、大田原では15時時点で32.1℃を観測しています。

 現在那珂川本流、支流ともに濁りは抜けています。
 水位も少しずつ減少しており、那珂川の黒羽地区で75㎝と今年の平水からみると高めとなっています。

 日中が暑かったためか夕方から山沿いで雲が発生していましたが、雨雲レーダーで確認すると水位に影響を及ぼすような雨雲ではないようです。

 本日の釣果情報は、黒川の支流にある三蔵川で午前11時頃の釣果が7尾でした。
 また、箒川の上流関谷地区の和田山河川公園から堰場橋周辺で20~22㎝の鮎が掛かったようです。

箒川:和田山河川公園
箒川:堰場橋上流
箒川:堰場公園周辺

7月15日の河川状況

 昨日の夕方から夜にかけて、箒川の上流部や那珂川の上流部でまとまった雨が降り続き各河川で濁りを伴い水位が上昇しました。

 その為、朝から釣りが出来たのは箒川と那珂川の黒磯地区から寒井地区にかけての区間となります。寒井では、笹濁りの状態でしたが正午ごろには濁りも抜けていました。

支流では、黒川、余笹川両河川とも濁りが入りましたが、朝一では余笹川の方が濁りがきつかったです。
正午ごろ確認した所この後降らなければ明日には釣りが出来る状態まで回復すると思います。


7月12日の河川状況

21:40追記

 天気予報の通りに午後から雨が降りましたが、県北部ではまとまった雨はほぼ降らずに茨城県へと抜けていきました。

 茨城県の大子町でまとまった雨が降り、気象庁のホームページで確認すると24時間降水量が75.0㎜となっています。
 栃木県北部では、那須高原で11.0㎜、黒磯で2.0㎜、大田原で3.0㎜となっています。

 八溝山系でも降ったようで、武茂川の源流付近では、濁りとともに少し水位も上昇しています。

 北部漁協管内の那珂川本流、支流には濁りなどの影響は出ていませんので明日は釣りが出来ると思います。

 しかし、明日も昼過ぎら天気が崩れそうなため午前中しか竿は出せないと思います。
 曇りや雨の天気が続いていますが、気温も上昇しつつありますので熱中症に気を付けて釣りをするようにお願い致します。




 土曜日に降った雨の影響もようやく抜けてきており濁りもほぼない状態です。

 那珂川の黒磯地区で31㎝、黒羽地区で84㎝、箒川の金沢地区で105㎝、余笹川の稲沢睦橋で31㎝となっています。
 各河川とも平水よりは高い水位となっています。

本日の大田原地区では、朝から雲も薄く晴れ間が広がっていますが、気象庁のホームページでは昼過ぎから雨で場所によっては夕方から夜のはじめ頃にかけて雷を伴い非常に激しく降るとの予報が出ています。

7月10日の河川状況

 本日15時頃より県北部の一部地域にてゲリラ豪雨のような形で大雨となりました。大田原市内を横断するような形で雨雲がかかり雨が降った影響により、蛇尾川、巻川、相の川、松葉川などの支流や田んぼの用水路などから濁流が入り込み那珂川本流や箒川で濁流となっています。

 栃木県北部には17時52分に宇都宮地方気象台より大雨(浸水・土砂災害)、洪水警報が発令されました。

 現在、那珂川の湯殿大橋、箒川の新箒橋などでは水位も上昇し、濁りもきつくなっており流木なども流れ出しています。

 この後も雨雲がかかっている為、これから先も増水が予想されます。

 18時時点の水位情報としては、那珂川の黒磯地区晩翠橋で32㎝、黒羽地区那珂橋で1m18㎝、箒川の上流部高阿津橋付近で1m02㎝、余笹川の稲沢睦橋で34㎝となっています。

 大田原市の河川監視カメラで確認すると、ほとんどの河川で濁りが入り水位が上昇しているのが確認できます。現在大雨、洪水警報が発表されていますので、現地には行かずにライブカメラで確認するとリアルタイムの状況が見ることができますので参考にしてください。

 明日は箒川の上流部や那珂川の黒磯~寒井地区、余笹川や黒川など一部地域でのみ釣りになる可能性もありますが、那珂川の黒羽地区から下流や箒川の新箒橋周辺では濁りは取れないと思います。

 

7月10日の河川状況

那珂川:湯殿大橋 17:30
那珂川:湯殿大橋 17:30
那珂川:湯殿大橋 17:30
箒川:新箒橋 17:40
箒川:新箒橋 17:40
箒川:新箒橋 18:00
箒川:新箒橋 18:00
箒川:新箒橋 18:00

7月10日の雨雲の様子

気象庁のホームページより 15:10
気象庁のホームページより 16:00
気象庁のホームページより 17:00
気象庁のホームページより 18:00
気象庁ホームページより 19:00
気象庁ホームページより 20:00

7月9日の河川状況

ここ数日は曇りや雨が続いています。今日も雨が降り続いており、水位は減っていない状況です。

 今日の24時間降水量は、那須高原で20.0㎜、黒磯で12.0㎜、大田原で13.0㎜、塩谷で21.0㎜となっています。

 現在、那珂川の黒羽地区で77㎝、余笹川の稲沢睦橋で32㎝、箒川の上流高阿津橋で1.03mと各河川で平水よりも高くなっています。
 箒川や那珂川では笹濁りの状態となっており、今晩の雨の降り方にもよりますが、明日は那珂川本流、支流共に竿は出せる状況です。

 栃木県の北部では、明日もくもりのち雨で午後からは雷を伴い激しく降る場所もあるとの予報が出ています。
 午後からは厳しい状況になりそうです。

 雷鳴が聞こえだした場合には、直ぐに竿をしまい河川より上がるようにお願い致します。

 本日箒川の上流、堰場公園周辺では午後3時から5時までの2時間で6尾の釣果がありました。釣り人の方によると釣った鮎はほとんど群れ鮎だったようです。尚、水温も低く掛かりが浅いとの事で取り込みまでに落としてしまった物もあったようです。
 

7月9日の河川状況

箒川:堰場公園
箒川:堰場公園(釣果)

7月7日の河川状況

 昨晩降った雨の影響により、各河川で水位が上昇しました。

 那珂川では、寒井より上流部も薄く濁りが入っていましたが午後にはほとんど取れています。
 余笹川では、黒川や三蔵川の濁りが強い為茶色く濁っており川田橋下流で那珂川と合流してからは下流の黒羽地区へも影響が出ている状況です。

 那珂川の黒羽地区の水位は、一時30~40㎝増水し1.1mまで上昇しましたが、現在は少しずつ水位が下がっている状況です。
 余笹川の水位は、黒川との合流に掛かっている稲沢睦橋で約30㎝程上昇しました。少しずつ減水はしてきていますが、平水から見るとまだ高い状態です。
 箒川の上流部ではあまり降水量が無かったようで、高阿津橋周辺では大幅な水位の変動はありませんでした。

 今晩雨が降らなければ明日は釣りになる状態まで回復すると思います。

 

7月7日の河川状況

那珂川:那須黒羽大橋 8:20時点
那珂川:那須黒羽大橋 8:20時点
那珂川:那須黒羽大橋 8:20時点
那珂川:那須黒羽大橋 8:20時点
余笹川:川田橋 8:20時点
余笹川:川田橋 8:20時点
余笹川:川田橋 8:20時点
余笹川:川田橋 8:20時点

7月5日の河川状況

箒川:宇都野橋上流
 本日も梅雨らしく雨が降り続いたため、河川の水位は中々下がらない状況となっています。

 気象庁のホームページで確認すると栃木県の24時間降水量は、那須高原で33.0㎜、黒磯で24.0㎜、大田原で20.0㎜、福島県の白河で32.5㎜の降水量になっています。

 福島県側で降った雨により黒川に濁りが入り水位も上昇しています。
 那珂川の黒羽地区にある水位計では、87㎝と平水よりも高くなっており、今日は余笹川や黒川からの影響で薄く濁りが入りました。

 明日は、久しぶりにくもり時々晴れとなり所によっては朝晩は雨が降るとの予報になっています。
 明日以降はまたぐずついた天気となりそうな為、今週は水位は下がりそうにありません。

 釣果情報としては、先月末にとちぎの水産業緊急支援事業を使用し追加で放流した鮎が高岩から町裏周辺で釣れ出したようで0~10尾の間で掛かったようです。まだ放流したばかりなので色は青みがかっています。

 箒川では、昨日4日の日曜日に上流部の宇都野橋上流で12尾。宇都野橋下流500m付近から弁天の周辺にかけてで6尾となっています。大きいものでは21.5㎝の鮎が掛かりました。

 また、町裏付近ではアメリカミンクによる被害も出てきています。現在確認されている目撃情報では那珂川だと鍋掛地区から黒羽地区にかけて、余笹川や黒川などでも目撃されています。
 アメリカミンクに曳舟の中に進入され中のオトリ鮎や釣った鮎などが食べられる被害が出ています。
 お昼を食べる時など曳舟から離れる際には、蓋の上に大きめの石を置くなどの対策を取るようにお願い致します。

7月4日の河川状況

箒川:弁天
箒川:弁天下流
箒川:弁天下流
箒川:弁天周辺
箒川:弁天周辺(21.5㎝)
箒川:弁天周辺(21.5㎝)

7月3日の河川状況

 今日は一時晴れ間が広がりましたが、所によって雨が降ったりなど梅雨らしい天気となりました。
 水位に影響が出るような降り方はしていないので、濁り等は入っておりません。

 現在の水位は、那珂川の黒羽地区で59㎝と例年の平水並みになっています。
 箒川の上流金沢地区(高阿津橋付近)では、1.01mと平水より高めの状態です。

 明日は梅雨前線が北上するようで一日雨の予報が出ています。
 ここ数日雨も多く、地面が水分を多く含んでおりますので雨の降り方によっては、直ぐに河川の水位が上昇すると予想されます。
 釣りに入る際には十分注意して行うようにしてください。

7月1日の河川状況

 本日より箒川の宇都野橋から上流域が解禁となりました。

 朝から雲が広がり雨が降る中での解禁日となりました。昨夜降った雨の影響で水位が上昇しており、水温が低い中での釣りの為か活性が上がらず、釣果の伸びはいまいちでした。

 堰場公園周辺では、朝方は0~3尾でトイレの前では15~18㎝のサイズが出ています。
 高阿津橋周辺では河川を眺めている方はいましたが、釣り人は少なく釣果は不明です。
 宇都野橋では、上流に何人か入っておりましたが、釣果は芳しくないようです。

 ここ数日は、宇都野橋下流の弁天周辺で流し毛針で釣果が伸びており20~40尾の間で釣れているようです。

 那珂川本流でも昨日の雨により少し水位が上昇していますが、今日の雨の降り方では釣りにならないような濁りなどは入らないと思います。
 本日気象庁のホームページで18時時点の24時間降水量では、那須高原で18.5㎜、黒磯で14.5㎜、大田原で16.5㎜となっています。夕方から箒川の山沿いで黒い雲がかかりましたが雨雲レーダーで確認するとまとまった雨が降った様子はありません。

7月1日の河川状況

箒川:和田山河川公園
箒川:和田山河川公園
箒川:和田山河川公園
箒川:堰場橋
箒川:堰場橋
箒川:堰場橋
箒川:堰場橋
箒川:高阿津橋上流
箒川:高阿津橋上流
箒川:高阿津橋上流
箒川:高阿津橋
箒川:高阿津橋
箒川:高阿津橋
箒川:高阿津橋
箒川:宇都野橋
箒川:宇都野橋
リンク集
那珂川北部漁業協同組合
〒324-0245
栃木県大田原市桧木沢1033
TEL.0287-54-0002
FAX.0287-54-0026
9
9
0
7
2
5
TOPへ戻る