那珂川北部漁業協同組合|栃木県|大田原市|鮎釣り|

 

釣果情報~令和元年7月~

 

とちぎリアルタイム雨量・河川水位観測情報

とちぎリアルタイム雨量・河川水位観測情報
 
 

7月18日の河川状況

7月18日の河川状況
 

7月17日の河川状況

7月17日の河川状況
 

7月17日の河川状況

7月17日の河川状況
 
 今日は久しぶりに晴れて気温もかなり上昇しました。午後15時頃より風が強くなり竿を持つのに大変な場面もありました。
 
 ここ最近調子が良い箒川の西那須地区にあるテント前ですが、通称弁天となっています。分かりにくい説明になってしまい申し訳ございません。
 
 そのテントですが、西那須地区の支部で使用している監視小屋となります。これ以降テント改め監視小屋と表現致します。
 
 この監視小屋付近ですが、ここ最近人が多く入りかなり抜かれている為、今日の釣果はあまり伸びませんでした。
 
 今日の弁天周辺では、平均釣果10尾となっています。
 
 
 那珂川では、水遊園大橋上流にある運動公園付近で良型が出ました。運動公園付近でサイズが18~21㎝となっています。
 釣果は午前中から正午までで12尾。午後から入った方で8尾となっています。
 

7月16日の河川状況

7月16日の河川状況
 
 本日は午前中曇り空が広がり、所により午後から雨が降り出しました。19時時点では雨がやんでいます。
 
 那珂川の水位は少しずつ減水しており、那珂橋下流にある水量計で74㎝となっています。平水近くなってきていますが、絞られている瀬などでは流れがきついので川を横切るには厳しい状況が続いております。
 
 昨日15日の釣果情報ですが、那珂川の寒井地区で寒井簗上流から那須黒羽大橋の区域において釣果が伸びました。
 
 全員が満遍なく釣れている状態ではありませんが、釣った方で42尾、32尾、21尾、20尾となっています。
 
 
 また本日より那珂川の上流部にある那須観光簗、箒川の佐久山、福原にある簗などで簗設置の為の工事が始まりました。この工事の影響により下流域にて濁りが入っております。
 
 お客様にはご不便をお掛けしますが何卒ご了承ください。
 

7月15日の河川状況

7月15日の河川状況
 

7月15日の河川状況

7月15日の河川状況
 
 午前中は晴れていましたが、昼頃より雲が広がり16時頃より雨が降ってきました。
 
 場所によっては一時叩きつけるような降り方をした場所もあります。
 
 那珂川の水位は、那珂橋下流の水量計で見ると5㎝減水し、80㎝となっています。この水位でも川を横切るのは場所によっては難しいです。
 
 箒川は平水並みに戻ってきています。
 
 箒川の西那須地区では、テント前からテント下流の瀬にかけて釣果が伸びてきています。
 
 本日朝からやっている方で午前中26尾、午後16尾の合計42尾釣った方がいます。
 正午より17時までで23尾の釣果も出ました。
 
 この区域では平均20尾は出ています。サイズは15~22㎝とばらつきはありますが追いはかなり良い状態です。
 
 ハミ跡も多く見られ、チャラ瀬、ザラ瀬問わず釣れています。
 
 高速道路周辺では7尾となっています。
 

7月14日の河川状況

7月14日の河川状況
 
 昨晩から降り出した雨の影響にて河川の水位が上昇しています。
 
 那珂川では、昨日と比べ夕方には約10㎝増水し那珂橋下流の水量計で85㎝となっています。濁りも薄くですが入っています。
 
 現在の水位だと、川を横切るのは危険です。無理をしない様に安全第一にて釣りをするようにお願い致します。
 
 明日の天気も雨の予報が出ていますので雨具や温かい服装で釣りをしたほうが良いかと思われます。
 

7月12日の河川状況

7月12日の河川状況
 
 本日の那珂川の水位は、那珂橋下流にある水量計で79㎝まで下がってきました。平水並みに戻ってきていますが、まだ少し高い状態です。
 
 箒川の西那須地区の高速道路上流では、水位は平水並みではありますが、那珂川と同様に少々高いです。
 
 19時時点の雨雲レーダーでは雨雲が映っていませんが、塩原から那須方面にかけて黒い雲がかかっております。
 
 明日の天気予報では、曇りで降水確率は夕方が40%となっていますので日中は雨は降らないと思われますが、念の為に雨具は用意しておくと良いかと思われます。
 また、14日日曜日は曇り時々雨となっており、降水確率が60%となっています。前線の活動の程度によっては、沿岸部中心に大雨となるおそれがあるそうです。
 
 本日箒川の上流部の西那須地区テント下流の瀬で午前から釣り始めた方で40尾、午後から9尾の釣果が出ました。
 型は約20~22㎝が多かったようです。その他にも、昨日放流した鮎も掛かっていたようです。
 
 西那須地区では、テント前やテント下流などで部分的に青ノロが切れている所が多いようです。
 
 那珂川では、寒井地区、湯津上地区の運動公園前左岸側などで釣果が伸びてきています。場所によっては22~23㎝のサイズも出始まりました。
 
 明日13日(土曜日)に、那珂川の黒羽地区でシマノジャパンカップ鮎釣り選手権「北関東大会」が開催される予定となっています。場所は町裏周辺がエリアとなっています。
 
 また、14日(日曜日)には、那珂川鮎釣り選手権大会を開催予定となっています。詳細は下記のリンクよりご確認お願い致します。
 一般の釣り人の皆様にはご迷惑をお掛け致しますがご了承ください。
 
 

7月8日の河川状況

7月8日の河川状況
 
 本日10時頃より解禁後の鮎放流を行いました。詳細は下記のリンクよりご覧ください。
 
 町裏では、放流後約3時間後に放流場所より上流部にて釣れたようです。放流してから定着するまでには少々時間がかかりますが、定着後の成長に期待したいと思います。
 
 水位の方は、那珂橋下流にある水量計で81㎝まで減水してきていますが、これでも川を横切るのは難しいです。
 
 寒井では、水が増えてから徐々に釣果が伸びてきています。
 
 天気予報では、今週の金曜日に雨の予報が出ているだけで、それ以外は曇りになっています。ここ数日は風が強く肌寒いので釣りの際には防寒着を用意しておくと良いかと思われます。
 

7月8日の河川状況

7月8日の河川状況
 

7月7日の河川状況

7月7日の河川状況
 
 本日7月7日は『七夕』と『川の日』となっています。
 
 今日は朝からどんよりとした曇り空で時より雨がぱらついていました。風も強く吹いており、竿を持つのも大変な1日となりました。
 
 今夜から明日にかけて雨の予報がでていますが、水位が変化するほどは降らないと思われます。
 
 那珂川の水位は未だに高いですが、黒羽地区の水量計で88㎝まで減水しております。
 
 箒川の新箒橋付近では、ようやく平水まで戻ってきました。
 
 釣果は今一つですが、箒川の上流部では宇都野橋付近でドブ釣りで20尾。高速道路上流で友で5~10尾となっています。
 
 那珂川では、三滝、桜渕で数は多くはないですが約20~23㎝の良型が出ています。
 
 黒羽地区では、軍艦岩周辺で釣果が出ているようです。
 

7月7日の河川状況

7月7日の河川状況
 

7月5日の河川状況

7月5日の河川状況
 

7月5日の河川状況

7月5日の河川状況
 
 少しずつ減水はしていますが、雨続きの影響により地面が水分を多く含んでいるため一気に減水はしません。
 
 余笹川や黒川などの支流も平水から約20~30cmは高い状態です。
 
 那珂川の黒羽地区にある那珂橋下流の水量計では、朝7時50分頃で水位が1m12㎝計測されています。夕方までには少しずつ下がり1m04㎝となっています。
 
 濁りは入っていないので、釣りは可能ですが川きりなど川の中を移動するのは現在のところとても危険です。
 緩い流れに見えるところでも、底の流れはかなり早いので対岸へ渡る行為は極力控えるように安全第一に考えるようお願い致します。
 
 大田原市のホームページにて河川監視カメラの映像がリアルタイムで視聴できます。
 
 那珂川では、歩道橋の1か所。箒川は、岩井橋と箒橋の2か所が確認できます。
 
 増水など気になる場合には、現地へ行かなくてもある程度は状況を確認することが出来ますので釣行の参考にご活用ください。
 
 また、明日7月6日開催予定のシマノジャパンカップ鮎釣り選手権北関東大会は、河川増水の為7月13日土曜日に延期になりました。
<<那珂川北部漁業協同組合>> 〒324-0245 栃木県大田原市桧木沢1033 TEL:0287-54-0002 FAX:0287-54-0026