那珂川北部漁業協同組合|栃木県|大田原市|鮎釣り|

 

釣果情報~平成30年8月~

 

とちぎリアルタイム雨量・河川水位観測情報

とちぎリアルタイム雨量・河川水位観測情報
 
 

8月14日のお知らせ

8月14日のお知らせ
 
 本日朝入った情報によりますと、黒磯地区にある鳥野目キャンプ場の一番上にある駐車場より上流約100mの場所で熊の目撃情報がありました。
 
 目撃したのは、昨日の13日で釣りに入った方が川を横切るところを見たそうです。体長はかなり大きかったということなので、大人の熊だと思われます。
 
 移動方向までは確認が取れていませんが今後注意が必要です。
 
 現在那須塩原市にも連絡をとっています。
 
 その為、鳥野目キャンプ場、上黒磯、河畔公園周辺で鮎釣りをする方、もしくは上流エリアで渓流釣りをする方は、クマよけの鈴、小型の携帯ラジオ、爆竹などのクマよけ対策グッズを持ち歩く。又は1人で入らず何人か一緒に入る。などの対策が必要です。
 
 野生の熊ですので大変危険です。釣りに限らず河川で遊ぶ際には十分に注意して行くようにしてください。
 

8月12日の河川状況

8月12日の河川状況
 

8月12日の河川状況

8月12日の河川状況
 
 一昨日の出水の濁りも取れて、水位も平水まで戻りました。これまで水温がかなり高かったですが、出水の影響もあり21~23℃と渇水時期と比べると下がりました。
 
 青藻が流れてきれいになることを期待していましたが、長い藻は切れたものの石の表面についている部分まで削られなかったので残っています。
 
 本日は黒磯から寒井地区にかけてサイズはバラバラですが、平均10尾前後は上がっていました。
 黒磯地区では、鉄橋上の瀬で出ているようでした。
 
 下流域も少しずつ回復してきて、沈床にて11尾、19尾と釣果が伸びてきました。ただサイズは小ぶりなものが多く、20~23㎝の鮎も出ましたが数が少ないです。
 
 また、今回の出水により丸太や倒木、根っこが付いた木などが流されたりしています。
 現在確認できている場所は、鍋掛の昭明橋下流約200m付近の左岸にて大きい木が河川の中へ倒れています。
 次にカニ岩では、根っこが付いている木が流れてきています。
 最後に沈床にて丸太が引っかかっています。一緒にビニールらしきものも確認ができています。
 
 場所によっては見えていないだけで、河川の中に引っかかっている木などもあるかと思いますので、河川の中を歩くときには気を付けて歩くようにしてください。
 
 また、気温も上がってきていますので水分や塩分補給をこまめに行うなどの熱中症対策をとるようにしてください。
 

8月10日の気象情報

8月10日の気象情報
 

8月10日の河川状況

8月10日の河川状況
 
 台風13号が過ぎたら蒸し返すような暑さが戻りました。
 
 那珂川は少しは水位が上昇していましたが、青藻が流れてはいないので、まだある状態です。
 
 本日の16時頃より西那須・那須塩原など黒い雲が広がった後、黒羽地区にも流れてきており16時30分の時点では外に出るのにも大変な叩きつけるような雨が断続的に降っております。
 
 那須塩原市でもかなりの雨が降っているようで、本日16時30分から那珂川の西岩崎にある頭首工にて、取水ゲートを止めているとの連絡がありましたので、この後下流では水位が上昇します。
 どの程度の水量が増えるかはわかりませんが、確実に上昇しますので水位の変化には気をつけるようにしてください。
 
 また、17時近くなっても雨の強さは変わらず、気象庁の雨雲レーダーによると紫色になっています。
 この雨でも水位が変化すると思われますので気象情報等には注意してください。
 
23:00追記
 夕方から降り続いた雨は、夜になっても止まず23時時点でも雷を伴い激しく降っております。
 この雨の影響で、那珂川本流・箒川それぞれ濁りを伴い増水しています。
 
 21時に那珂川の湯殿大橋にて確認したところ約1m程増水しています。
 
 同じく箒川の新箒橋で確認したところ約1m程増水しています。
 
 気象庁の雨雲レーダーで確認すると、23時時点も上流部の山沿いで活発な雨雲がかかっておりますので、今後も増水する可能性があります。
 
 投網は解禁しておりますが、今の水位で行くのは大変危険です。川を知っていても万が一があります。尚雨がやんで時間が経ってから増水する場合もありますので十分に注意する様にしてください。
 
 釣りの場合、明日はできない可能性が高いです。雨がやみ水位が落ちついてから行くようにしてください。
 
 今回の増水で、青藻が流されたと思います。流心の方は垢も飛んでいると思われますので、水位が落ち着き濁りが取れた後の石裏などで期待できます。
 

8月9日の河川状況

8月9日の河川状況
 
 台風13号が接近しており、この影響で雨が降るかと思っておりましたが、思っていたほどの降水量が無く水位も大幅には変動がありませんでした。
 
 夜中から降っている雨は、那須山方面ではほとんど降らなかったようで那珂川本流は大して水位が上昇していません。
 伊王野、芦野など八溝山系列が少し強く降った模様で、黒川、三蔵川で濁りが入り10~20cm増水しました。
 
 那珂川の町裏では、支流の増水のおかげで水が増えましたが約20cm程です。今までが渇水だったということもあり、水位が上昇してもそれほど高いとは感じません。
 青藻も切れたのはあると思われますが、たいした濁りでもないので多少は流れたと思いますが川底がきれいになるまではいかないと思います。
 
 箒川は、昨日の夕方の時点で平水並みでしたので降れば増水していたのですが、箒川上流部も降らなかったようで水位の変化はありません。
 
 15時時点の黒羽地区では、いまだに台風の影響と思われる風が吹いていますが雨は降ったり降らなかったりと繰り返しておりますが、まとまって降っているわけではないので水量の変化には影響がでないと思われます。
 

8月6日の河川状況

8月6日の河川状況
 
 本日は一日曇り空が広がっており、午前中に少し雨が降り、夕方18時頃より黒羽地区にて一時ですがまとまった雨が降りました。
 この雨は前線による雨となっているようで、今晩から明日にかけて局地的に激しく降る場所もあるとの予報が出ています。
 
 18時50分頃に日光地域で大雨警報が出ました。那須地域は大雨注意報が出ています。
 
 日光地域にかかっている雲が那須地域に流れてくるようだといくらか水位が上がるかと思われます。
 
 昨日の雨では、黒羽地区や黒磯地区などの上流部ではあまり降らなかったようで、那珂川の水位には変化が出ていません。
 
 
 現在台風13号が関東地方に接近中です。進路がまだ確定していませんが今出ている予報通りに進むと9日頃に上陸する可能性が出ています。
 今後の予報にもよりますが、関東には近づいてきていますので注意が必要となっています。
 
 多すぎる雨は必要ありませんが、渇水が解消されるだけ雨が降ることを期待したいところです。
 

8月5日の河川状況

8月5日の河川状況
 
 現在那珂川では今季一番の渇水になっています。水が少ないのに加えて、日中の気温も高い為に朝5時の町裏では水温が25.1℃とかなりの高水温になっています。
 
 あちこちで青藻もかなり増えてきました。
 
 本日、黒羽の町裏にてダイワ鮎マスターズのセミファイナルが開催されました。渇水と高水温とコンディションが良くない状態でしたが、上位の方たちは平均10尾前後釣ってきていました。
 
 見ていた中では、那珂橋より下流が比較的釣れていました。特に湯坂川との合流点より下流が出ているようでした。
 湯坂川は那珂川よりも若干水温が低いので、その為かもしれません。
 
 
 本日19時50分頃より大田原地区、矢板地区で雷を伴った雨が降っております。時間によっては叩きつけるような雨も降りました。
 久しぶりの雨ですが、長くは続かず断続的に降るという感じです。雨雲レーダーによると少しずつ南下していく予想となっています。
 
 矢板地区でどの程度の降水量があったかわかりませんが、箒川では多少なりとも水位が上がると思います。
 
 
<<那珂川北部漁業協同組合>> 〒324-0245 栃木県大田原市桧木沢1033 TEL:0287-54-0002